最終更新日2018年4月10日

有料の「radiko.jpプレミアム」、3カ月で会員数10万人を突破 株式会社radikoは、4月1日に提供を開始した有料版サービス「radiko.jpプレミアム(エリアフリー視聴)」のプレミアム登録会員数が、7月11日までの約3カ月間で10万人に到達したと発表した。

radiko.jpプレミアムは、radiko.jpで配信中のラジオ番組を日本全国で聴取可能にする月額350円(税別)の有料サービス。 radikoでは、10万人到達の主な要因は「配信エリアの枠を超えてラジオが聴きたい」というユーザーの需要が予想以上に大きかったためと説明。また、6月20日午前8時台には、民放ラジオ59局によるサッカーワールドカップの日本対ギリシャ戦が編成されていたことから、radiko.jp全体の瞬間アクセス数が16万2000と過去最高を記録。朝の通勤・通学時間帯であったことから、ユーザーの86%がスマートフォンでの聴取だったという。

ラジオNIKKEI第2、ラジコで配信 27日から全国で ラジオのインターネット配信を手掛けるradiko(ラジコ、東京・港)と日経ラジオ社(東京・港)は、27日正午からラジオNIKKEI第2の全国配信を始めると発表した。全国で聴取可能なチャンネルはラジオNIKKEI第1、放送大学に続き3つ目。競馬中継などを配信し、電波が届きにくかった地域でも高音質の音声で楽しめるようになる。 マーケット情報が中心のラジオNIKKEI第1は4月に配信を始めた。今回の第2の追加で競馬中継が充実。第1でカバーしていない西日本のレースも配信し、中央競馬全レースの実況中継が全国で聴けるようになる。ラジコはインターネットを通じて、ラジオ番組をスマートフォン(高機能携帯電話)やパソコンなどに配信。民放65局と放送大学が参加しており、月間利用者数は1000万人を超す。

「radiko.jp」4月2日からラジオNIKKEIは全47都道府県でお聴きいただけます! ラジオNIKKEIは"パソコンがそのままラジオになる"IPサイマルラジオ《radiko.jp》の配信に参加しています。 登録などの手続きは一切無し。 インターネットラジオよりもクリアな音声で番組をお聴きいただけるサービスです。